結婚式場選びポイントを押さえ素敵な結婚式を挙げましょう

ネットで調べる

花嫁

日本における結婚式は、日本神話でイザナミとイザナギが婚姻を誓い合った事が起源と言われています。
そして安土桃山時代、江戸時代にも現在の結婚式のような事が行われていた記録が残っています。
江戸時代には「婿入り婚」と呼ばれ、花嫁の生家で花婿が生活を共にするという仕来りもありました。
昭和の時代には、公民館や自宅で行っていた家庭も多いです。
昔ほど住宅が広くない現代では、ホテルやチャペルが登場し、会場として利用するようになっていきました。
昭和の時代、挙式スタイルは神式や仏式が多く、花婿の家が信仰している宗派に合わせて行っていました。
基本的に仲人を立て、仲人が結婚式の計画を進めていくスタイルでした。
平成に入ってからは、欧米文化の影響もあり、神式や仏式に限らず、キリスト教式や人前式といったスタイルが取られるようになっていきます。
そして、仲人を立てないカップルも多く見受けられるようになりました。

現在では、新郎新婦が自由に結婚式場を選んでいるケースが多いです。
ホテルや専門式場といった場所を選ぶ方もいらっしゃいますが、レストランを選ぶ方もいらっしゃいます。
近年、結婚式の簡素化が進んでおり、少人数で行う結婚式も人気となっています。
例えばレストランウエディングや海外挙式などです。
海外挙式の場合、新郎新婦だけで行うカップルもいらっしゃる程です。
挙式スタイルが多様化すると共に、新郎新婦がパターン化されていない挙式スタイルを望む場合もあります。
何もない浜辺での挙式、商業施設での挙式などです。
ですから、今後は益々、自由度の高いスタイルに需要が集まるでしょう。
そして、世界でたった一つだけのスタイルを確立していくカップルも増えていくと思われます。